フリーランスのエンジニアになって高年収を目指したいという人は多いものの、失敗してしまって大幅に年収を下げてしまうケースもあるので注意が必要です。周到な準備をしておけばかなり稼げるようになる可能性が高い働き方なので、独立する前にどのような用意が必要かを理解しておきましょう。

まず大切なのが、高単価の案件をスムーズに請け負えるようにすることです。
ただスキルがあるエンジニアだとアピールしても、そのスキルを活用してできる仕事のニーズがなければ意味がありません。世の中のニーズを調べ、どういったスキルがあるフリーランスエンジニアが必要とされているかを確認することが大事です。不足しているスキルがあるなら、独立前に習得しておきましょう。

このような準備を整えておけば収入は増えるかもしれませんが、必ずしも収入が高いからといって利益が大きくなるとは限りません。稼いだ分だけ所得税や住民税を納めなければならないからです。
そのため節税対策を行い、収入を目減りさせないようにする努力も、利益を増やすためには欠かせません。経理や確定申告に関する勉強をしておき、独立したらスムーズに節税の取り組みを始められるようにしておきましょう。
あるいは多少の経費がかかることは覚悟で、税理士に依頼して節税対策をしてもらうのも効果的です。このような税金に関する対策も整えておけば、スキルアップをして稼げるようになった意義も大きくなるでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 フリーになりたい人への手引き. All Rights Reserved